我が家の家計〜三兄弟の学費は捻出できるのか?!〜

学費捻出のためのやりくり、投資、お金にまつわる事ときどき育児ブログ

ツイてると感じること。ポジティブって大事〜地震と停電を経験して〜

f:id:mamakarien:20180928223324p:image

こんにちは。三兄弟を育てるパート主婦のパールです。

お読みいただきありがとうございます!

 

我が家は私と旦那と三兄弟の5人家族で北海道に住んでいます。

 

H30.9.6に北海道胆振東部地震があり、我が家も震度5強という強い揺れを体験しました。

 

我が家の子供達は3人とも地震に気づくことなく寝ていてくれたので、心的な影響やケガもなく元気に過ごしてくれているのは不幸中の幸いかな。

 

でも知り合いの話を聞くと、子供が夜になるのを怖がったり、食欲なかったり、ひどい子はストレスで嘔吐してたり…と、精神的に影響が出てる子もいるみたいで。

 

ケガがないのももちろんですが、そういった心の中の事にも気をつけなければいけないと実感しました。

 

大人の私もなんやかんや考えることが多かったのと、そもそも電気が使えなくて、節電のため携帯も必要最低限しかさわれなかったので、それまで頑張っていたこのブログも休止状態。

 

今はもう停電は終わり、スーパーの品揃えもやっと整ってきてもうほとんどふつうの生活ができていますが、なかなかブログを更新できずにいます…-_-b

 

なんというか、なかなか書きたいことや誰かに伝えたい事が浮かんでこないんですよね。

 

書いてる途中の記事もあったのですが、その情報今このタイミングで必要ないんじゃない??とか思うと手が進まなかったり。

 

ただのサボりと言えばサボりなのかもしれません笑

 

でも思いつくのは自分が体験した地震に関することばかり。

 

それをそのまま書くのもありかもしれませんが、非常識かなと思う自分もいて。

 

マイナスなイメージばかりがどんどん膨らんでいました。

 

だから迷って何書いたらいいかわからないまま日々が過ぎていきました。

 

 

 

 

あれ?

 

 

 

 

これめっちゃネガティブな自分が出ちゃってるんじゃ…??

 

 

 

 

そうです。なんでも悪い方に考えるのが私の悪いところ。

 

家が住めないほどの被害を受けている人や、ケガをされた方、体調不良になってしまった方達がたくさんいる中で、我が家は運良く被害はほとんどありませんでした。

 

そうか!私はツイてたんだ!笑

 

そうやってポジティブに物事を考えることも大切なのかも!?

 

そう思うとブログも書けそうな気がしてきました!

 

自分のブログで自分が遠慮しててもどうにもならないですよね。

 

ということで前置きが長くなりましたが、地震から約3週間経過して振り返ってみて思うことをポジティブな目線で書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

前の日にスーパーで買い物してて食材豊富

地震があったのは木曜日の夜中3時すぎでした。

 

地震が起きて間もなく停電発生。

 

直後から深夜営業していたコンビニは大混雑(知人からの情報)で、翌朝もスーパーなどは閉店していたり、やっていても長蛇の列。

 

カップラーメンなどのインスタント食品やお水はすぐに売り切れていました。

 

停電で冷蔵庫も機能していないため、スーパーにあった冷凍や冷蔵の商品が恐らく廃棄されたのか(←未確認)、品物が陳列されていない状態が何日も続きました。

 

そんな中、前日に買い出し済みの我が家は長蛇の列に並んだりという苦労は全くせずに済みました!

 

いつも私は仕事の都合で買い出しは大体水曜か木曜にしています。

 

仕事帰りにいつものスーパーに寄るのがルーチン。

 

あとは週末に1回行くくらい。

 

スーパーに行く回数を極力減らそうとしているので、最低でもだいたい3〜4日はもつような内容で買い物をしています。

 

おかげで前日に買い出し済みだった我が家には食材が豊富にありました!

 

なので食べ物に困る心配をせずに過ごせたのです。

 

たまたまお米も買ってたので食べ盛りの三兄弟がいても飢えることはないなと安心していました。

 

なんならついでに冷蔵庫の中のものを上手くさばけた感じです。

 

ちなみに我が家の冷凍庫は満杯だったので、停電してからもしばらく(2日ほど)は冷蔵としての機能は保つことができました。

 

温度変化の頃合いを見て冷蔵品を冷凍庫に移し替えたりして上手く乗り越えられて助かりました。

 

でもさすがに冷凍のアイスは無理なので初日に子供達になんとか食べさせましたが笑

 

うん。結果ツイてました。

 

納豆と卵の在庫が豊富

地味にダメージがあったのが納豆と卵です。

地震後1週間くらいはほとんど手に入りませんでした。

 

それこそ開店前の朝イチにスーパーに並べば買えたかもしれませんが、仕事もあるしさすがに私には無理…

 

3週間たった今はやっといつものリーズナブルな納豆と卵が買えるようになりましたが、少し前までは1人1個までとか、お高いやつとかばかりでした。

 

でもうちには納豆も卵も在庫が豊富でした!

 

納豆は子供たちが良く食べるので普段から冷凍保存してて在庫多め。

 

そして卵は生活クラブで毎週配達されてくるのです。(←これは母のおかげ)

 

いやぁ、助かりました!

 

ガスが使えてお米も炊けた

電気が使えませんが、我が家の台所はガスなので煮炊きするのに不便はありません。

 

これがオール電化だったらお湯が沸かせないのでカップラーメンさえも食べられないところでした。

 

それからご飯はいつも炊飯器で炊いていますが、こちらも停電で使えません。

 

でもここで私は炊飯器なしでご飯が炊けることを思い出しました。

 

私が幼い頃の実家では当時、お釜を使ってガスでご飯を炊いていたので、炊飯器が使えなくてもご飯の炊き方を知っていた私。

 

数十年ぶりに鍋でご飯を炊きました!

 

昔の記憶をたぐりよせながらでしたが、なかなか上手く炊けてました〜o(^▽^)o

 

ちゃんとお手伝いしてた自分偉かったー!

絶対イヤイヤお手伝いしてたけどー笑

 

それから、我が家の新築当時に主流熱源だったオール電化をあえて選択せず、ガスにこだわった当時の自分をほめたいです。

 

普段から何事も流行りに乗れない私ですが、この時ばかりはほんと流行りに乗らなくて良かったー^ ^

 

 

ガソリン入れたばかりでほぼ満タン

地震後はガソリンの確保も大変でした。

 

停電によりスタンド自体が営業していなかったり、やっていても給油量に制限があったりで、しかも長蛇の列に並ばなければいけません。

 

停電してるので車でスマホの充電をしたり、テレビを見て情報を得ている人もいたと思います。

 

車を動かすためにもガソリンが必要でした。

 

みんなスタンドをあちこち巡っていたり、やってるスタンドの情報なんかがグループLINEで流れているのをたくさん見ました。(それもけっこう遠くのスタンド…)

 

その時我が家の車のガソリンはなんと9割くらい入っていましたー!

 

数日前に満タンにしたばかりだったのです!

おかげでガソリンの心配もせずに過ごせました〜

 

ツイてました!

 

 

懐中電灯をたくさん(家族の人数分以上)持っていた

懐中電灯って意外と家に置いてない人がいたんだなと後から知りました!

 

ライトや電池などが売っているホーマックも長蛇の列だったようです。

 

数時間並んで購入したという方もいました。

 

一方我が家では、数年前からキャンプに行くようになったので懐中電灯やランタンなどの準備もバッチリでした。

 

キャンプでは、子供たちは夜になるとライトで照らしながら遊ぶのがとても楽しいらしく、ちゃんと1人1個用意しています。(ケンカになるので…笑)

 

もちろん電池の予備もあります。

 

今回も夜になるといつもキャンプで使っているマイライトを首からさげて楽しそうにしていました〜

 

日が暮れるにつれて作業がしにくくなるし、不安も増してくるのですが、不思議なもので明かりがあるだけで心が落ち着くんですよね。

 

電気がつくってほんとに贅沢なことだったんだなと気づきました。

 

誰も怪我してない

何よりもこれが1番のツイてたこと。

 

誰もケガひとつしていません。

 

最初のほうにも書きましたが、我が家の子供達は不安やストレスを抱えることもなく日々を過ごすことができています。

 

これが何よりも大切ですよね。

 

 

 

今回の地震により3日間の停電が発生し不便な生活を経験しました。

 

テレビが見れない。

DSもSwitchも出来ない。

YouTubeも見れない。

 

ツイてることがたくさんあった我が家にとって1番大変だったのは、停電というものが理解出来ない3歳児の三男の相手をすることでした汗

 

正直、停電だけなら我が家はもう2、3日平気だったと思います。

 

けれど電気がついた瞬間のあの安心感と子供達のテンションの上がり具合、そしてテレビに釘付けになる三兄弟の姿…

 

忘れることのできない瞬間です。

 

電気がないとなんの娯楽もない生活になってしまっていることに改めて気づかされました。

 

 

 

 

災害はいつ起こるかわかりません。

 

今回我が家は主に停電への対応でしたが、これに加えてもし水道が止まったらと考えると、ついてるとかついてないとか言ってる場合じゃなかったと思います。

 

備えることや、実際災害が起きた時にどんな状況になるかを考えて置くことは大切だなと実感しました。

 

家庭における危機管理対策が必要ですね!

 

そして個人的には、前から気になっていた太陽光発電と蓄電について学びたいなという気持ちが一層大きくなりました。