我が家の家計〜三兄弟の学費は捻出できるのか?!〜

学費捻出のためのやりくり、投資、お金にまつわる事ときどき育児ブログ

住信SBIネット銀行に口座開設したらものすごく便利だった

f:id:mamakarien:20181011174434p:image

こんにちは。3兄弟を育てるパート主婦のパールです。

お読みいただきありがとうございます。

 

小学生の頃に初めて地元の信用金庫の銀行口座をつくってからかれこれ30年近くたちます。

これまでいくつもの銀行口座を開設し利用していますが、ネット銀行というものとは無縁な生活をしてきました。

 

基本的にネットですべて完結できるのですが、その意味さえ不明だった私。

親に話しても「なにそれ?」的な反応だし、対面ではないことから色々と不安もありました。

 

でも今となって便利すぎてなくてはならないのもとなりました。

 

今回は初めてネット銀行というものを知った時のことや、その仕組み、メリット・デメリット等をお伝えしたいと思います。

 

 

初めてネット銀行を知った

 私が最初に知ったネット銀行は住信SBIネット銀行でした。

 

住宅購入を検討中、ローンを組む銀行を検討していた時にある住宅メーカーの営業担当さんが口にした銀行こそが住信SBIネット銀行でした。

 

住宅購入となるとローンが必須。

どの銀行ローンにするかで総支払い額が大幅にかわることも。

 

そこで、金利の安いネット銀行が提案されたのです。

 

提案されたものの実は当時の私はあまりすんなりとは受け入れられず…

 

店舗を持たない得体のしれない銀行と大金の契約を取り交わすということに不安しかなかったからです。

 

今なら当時の私をすごい勢いで説得しますね笑

 

結局その時はその住宅メーカーともご縁がなく、別なメーカーさんと契約にいたったためその提携銀行とローン契約をしました。

 

 

ある時ふとネット銀行のことを思い出した 

それからしばらくは家を建てるために考えることが多く、忙しい日々を送っていたのですが、ある時ネット銀行のことを思い出したのです。

 

なぜ思い出したか思い出せませんが笑

 

おそらく貯金を管理するにあたって少しでも金利の高い銀行を探し始めたのがきっかけだったように思います。

 

住宅ローンにふれたことで、もともとお金に関することが好きな私の心に火がつき、貯蓄に本格的に目覚めたのです。

 

調べると当時の金利は私がそれまで利用していた地方銀行やゆうちょ銀行と比べてかなり高かったのです。

 

残念ながら金利の具体的な数字は覚えていませんが、SBI銀行の普通預金の金利が地方銀行やゆうちょの定期預金の金利と同じくらいっだったような気がします。

 

そこで私はさっそく住信SBI銀行の口座を開設し、資金の移動を始めたのです。

 

住信SBI銀行の口座を開設  

口座の開設はとても簡単です。

 

顔写真付き身分証明書があれば本人確認書類の郵送不要。必要事項をWEBサイトで入力してお申込み後、キャッシュカード受取時に身分証明書をご提示いただきます。

 ホームページより引用

 

となっています。

 

運転免許証をもっている人ならばネットで手続きが完了するというわけです。

 

もちろん運転免許証をもってなくても手続きは簡単です。

 

顔写真付き身分証明書をお持ちでないかたは、必要事項をWEBサイトで入力してお申込み後、本人確認書類を郵送していただきます。

 ホームページより引用

 

とのこと。

 

 

☆オンライン口座開設 取引開始までの流れはこちら↓

 

①口座開設申込手続き

②初期設定

③カードの受け取り(約1週間程度)

④カード受取確認の設定

⑤取引開始

ホームページより引用 

 

5ステップで完成です。

わざわざ銀行へ出向いて手続きしなくて良いのです。

本当に便利ですね。

 

 

 

2018年8月現在の金利 

参考のために住信SBI銀行の2018年8月現在の金利を調べてみました。

 

さすがにこの低金利時代で、私が口座開設した頃と比べるとかなり金利は下がりましたが、年に2回ほどあるキャンペーン金利だと、半年または1年定期の金利が0.2%です。(それ以外は0.02%)

 

ゆうちょ銀行の定期の金利(2018年7月末)は5年ものでも0.010%…

 

やっぱり差がありますね。

 

 

全国のATMが使える 

住信SBI銀行は専用のATMはありません。

ですが、使えるATMは身近にたくさんあります。

 

全国のコンビニ・ゆうちょ銀行に設置のATMからご利用いただけます。最大月15回まで手数料無料!

ホームページより引用 

 

手数料無料でコンビニでお金を引き出せるのです!

 

ここ、重要だと思う方は多いのではないでしょうか?

 

手数料無料回数はランクによってかわりますが、困ったときにコンビニですぐお金をおろせるのはとても便利ですね。

 

 

住宅ローンも低金利 

住信SBIネット銀行は住宅ローンの金利もとてもすばらしいのです。

 

 

2018年8月の住宅ローン金利はこちら↓

*新規の借入れで諸費用を含まない場合、又は借換えの適用金利

変動金利 新規借入(通期引下げプラン)

年0.457%

変動金利 借換え(通期引下げプラン)
年0.428%
固定金利20年(当初引下げプラン)
年1.26% 

 

*新規のお借入れで諸費用を含む場合の適用金利

変動金利(通期引き下げプラン)
年0.507%
 
固定金利20年(当初引き下げプラン)
年1.31%

ホームページより引用 

 

今は低金利時代なので他でも住宅ローン金利はかなり低くなっています。

我が家がローンをくんだときはこの倍くらいの金利でした。

 

先に書いた通り、結局我が家は別な銀行でローンを組んだのですが、SBI銀行のローン金利を見るたびにうらやましくて、借り換えしたいと常々思っています。

 

 

振込手数料がかからない

ランクによって回数に制限はありますが、他行あてでも振込手数料が無料となります!

住信SBIネット銀行同士の資金移動は回数に含まれまれず無制限です。

 

ATMからのお預入れ・当社口座間でのお振込みはいつでも何回でも無料。ATMからのお引出し・他行宛てのお振込みは、ご利用状況によって最大月15回まで無料となります。

  ホームページより引用

 

 

家賃を毎月大家さんに振り込んでいる方、何かしらの支払いを毎月振込で行なっている方は多いのではないでしょうか?

 

私もアパート暮らしの時は毎月ATMへ出向いて振り込んでいました。

そしてそのたびに家賃以外に数百円多く支払わなければならなかったのが不満でした。

 

それが住信SBIネット銀行ならば手数料がかからず、さらにATMへ出向くことなく家で寝転がりながらでもOK。

 

振込のために給料日後で混雑しているATMに並ばなくて良いのです。

 

いつでもスマホ一つで完結するのです。

 

すごく便利だと思いませんか!?

 

我が家はまだ子供達が小さいので良いのですが、大きくなって子供が一人暮らしでも始めれば、毎月仕送りしなければなりません。

 

そんなときも、住信SBIネット銀行なら資金の移動を手数料をかけずにスムーズに行えます。

 

数百円の手数料でも積み重なれば私にとっては大金!!

 

これを節約しない手はありません。

 

 

デメリットがみつけられない

ここまで書いてきましたが、冒頭で『メリット・デメリットをお伝えする』と書いていおきながら、私にとって住信SBIネット銀行にはデメリットがほとんどみつかりませんでした(*´ω`*)

 

メリットのほうが圧倒的にデメリットを上回っている状態です。

 

もちろんホームページの使いやすさもGOODです。

 

メンテナンスの時を除けば基本的に24時間好きなときにアクセスできるのです。

 

 

 

最後に 

住信SBIネット銀行の魅力についてお話してきましたが、みなさまいかがでしたか?

 

少しでもこの魅力がつたわってくれればなと思っています。 

 

最後に、私が愛用している家計簿マネーフォワードのアプリにも住信SBIネット銀行は連携しています。

 

ご参考まで☆彡