我が家の家計〜三兄弟の学費は捻出できるのか?!〜

学費捻出のためのやりくり、投資、お金にまつわる事ときどき育児ブログ

小1の壁問題。我が家の乗り越え方

f:id:mamakarien:20180829192336p:image

 

こんにちは。三兄弟を育てるパート主婦のパールです。

お読みいただきありがとうございます😊

 

 

我が家には来年小学校に上がる次男がおります。

 

先日無事にランドセルを購入し、次は就学前健診が待っています。

 

楽しみだけど緊張もするのかな(^_^*)

 

我が家は長男がすでに3年生なので小学校がどんなところなのかについてもだいぶ理解してきましたが、それこそ入学当時は色々と混乱がありました。

 

小学校という未知の世界に対する不安。

 

私は仕事があるけれどいったいどんな生活スタイルになるのか。

 

そもそも子供が学校までちゃんと一人で歩いてたどり着けるのか…

 

本当に色んな不安がありました。

 

これらに対する我が家の経験をお話していきますね。

 

 

 

 

小1の壁とは

共働き家庭において、子供が保育園から小学校に上がるというのは環境の変化が大きく、さまざまな問題に直面することとなります。

 

小学校に入学してすぐに子供がしっかりできる訳ではなく、保護者としては安全面や精神面においても不安が増えてしまいます。

 

また、職場によっては小学校に入ると時短勤務ができなくなるなどの制約もあるようです。

 

この社会的な問題を小1の壁といいます。

 

具体的な例

  1. 保育園は朝7時から子供を預けられたが、学校の登校時間は8時15分〜30分のため、大人が先に出勤しなければならない。
  2. 登下校が一人で出来るか。
  3. 学校の授業は15時頃に終わってしまうため、それから大人が帰宅するまでの間、一人で留守番ができるか。
  4. 夏休み冬休みなどの長期休暇をどう過ごすか。
  5. 学童に通う場合は毎日お弁当が必要。
  6. 帰宅後に一人で過ごす場合は、宿題やおやつの管理。
  7. 友達を家に入れるか入れないか。
  8. 平日の学校行事への参加やPTA役員の仕事をどうするか。

 

などなど、ザッとあげてみました。

 

もちろんこれ以外にもたくさんありますが、ひとまずこれらに対する我が家の対処法を書いてみました。

 

対処法

1.朝の時間帯

我が家は幸い実家が近く、朝は少しだけ出勤時間の遅いおばあちゃんのところへ息子を行かせています。

 

うちの長男はあまりしっかりしてないタイプなので、朝の鍵閉めをお願いするなんてことは到底無理でした。

 

そもそも鍵を持たせることさえ微妙。

途中で落としたりなくしたりという可能性が!!

 

そして息子本人も家で一人になるのは嫌だと言っているので、おばあちゃんに頼ることができてちょうど良かったのです。

 

でも実家に頼れない方もいますよね。

 

そんな知人宅では、同じ保育園だったお友達の家に子供を朝送り届け、時間になったら一緒に家を出てもらっていたそうです。

 

慣れるまでの間だけだったようですが、これは保育園時代からのつながりがあってこそ出来たことかもしれませんね。

 

2.登下校が一人で出来るか

これは何度も息子と一緒に歩いて練習しました。

 

小学校に入学する前に2人で歩いて学校まで行き、ついでに学童(我が家の場合は児童会館)に寄ってから家に帰ってくるというのを自信がつくまで繰り返しました。

 

または、地域の情報が入るようなら近くにお友達やお兄さんお姉さんが居るか確認して、一緒に登校してもらうのが良いですね。

 

でも帰りは一緒に帰れるかどうかわからないので(1年生だとまだちゃんと約束とかできません…)やはり道順は本人に覚えさせておきたいところかと。

 

3.放課後の過ごし方

これは先程チラッとふれましたが、我が家の息子は鍵を持たせるのも微妙な状態だったので、迷わず毎日学童に通うという選択をしました。

 

そして最初の頃はずっと私が仕事帰りにお迎えに行ってました。

 

その方が保育園時代とあまり変わらなくてラクですね。

 

今はもう息子一人で歩いて帰れるようになったので、私が帰宅する時間を見計らって家に帰ってきてもらっています。

 

でも1年生でもしっかりしてる子は鍵を持って学校に来ていて、放課後一人過ごすことができるそうです。

 

この場合は宿題をしてから遊ぶとか、あらかじめ家庭で話し合いの上、ルール決めが必要ですね。

 

4.5.長期休暇の過ごし方&お弁当

これもまた我が家は毎日学童に通っています。

 

息子はとにかく一人で居るのが嫌な子なので、毎日通うほうが性に合っているみたいです。

 

行きたくないとかも言わないですしね。

 

そして毎日お弁当作ってます!

長期休みがなく毎日美味しい給食を用意してくれていた保育園が神様の様に思えてしまいます。

 

が、やるしかないので割り切ってやってます。

(長期休みのお弁当は遠足とかと違い割と手抜きさせてもらっています。笑)

 

放課後の過ごし方と一緒で、もし子供一人で留守番をするならその日のスケジュールをあらかじめ決めておくと良いですね。

 

そうしないと、ほっとくとびっくりするようなことをする年代です笑

お友達と2人で結構遠くの方まで行ってしまい迷子になるとか…

もちろん個人差があると思います。

 

そして長期休みに毎日学童に通わせていると、親としてはだんだん申し訳ない気持ちになったりもします。

長期休みなのに何も経験させてあげられないー!と。

 

なので親もお休み取れたときは子供の意見を聞いて行きたいところに連れて行ってます。

 

だいたい映画ですが子供は喜びます(*^^)v

 

6.帰宅後に1人で過ごす場合

帰った時に誰もいない状態であれば当然家の鍵の開け閉めや管理が出来なければなりません。

 

地域にもよりますが、物騒なニュースを聞くことがあるので戸締りはしっかりと!

 

荷物の配達や来客でインターホンが鳴ることも考えられます。

 

すると子供が誰か来たと思って自分でドアを開けてしまうかもしれませんよね。

 

その時にどんな行動をしたら良いか教えておく必要もありますね。

 

 

また、おやつの用意もあった方が良いです。

たとえば子供が3時に帰ってきて親が6時とか7時に家に着くとすると、その数時間に間に何か食べたくなってしまう可能性があります。

 

そうなったときに台所や食料棚などを勝手にゴソゴソされても後から面倒なので、あらかじめおやつを用意しておくほうが無難です。

 

それから、学校の宿題や次の日の時間割をそろえるのも終わらせておいてくれるとさらに助かります。

 

親が仕事から帰って「宿題はー?」、「明日の準備はー?」って絶対聞くことになりますから。

 

やっていないと親も子もイライラしてしまいがちなのです。

 

帰ったらやることをあらかじめ順番に決めておく。

 

覚えきれないときは大きな紙に書いて貼っておくのも良いかと。

子供と一緒に書くことでさらに効果が上がるとおもいます。

 

そしてそれが習慣付けばお互いにものすごく楽になるのでここは地道に頑張ってほしいところですね。

 

7.友達を家に入れるかどうか

放課後を1人で過ごすことに慣れてくると「友達呼んでもいい?」というのがはじまります。

 

せっかくできたお友達だし家に帰ってからも一緒に遊びたいですよね。

 

でもまだ1年生の時はやっていいことと駄目なことをちゃんと判断できない時もあります。

 

おうちの人がいないところで、勝手に冷蔵庫をあけたり、おもちゃを持ち帰ってしまったり、ものを壊してしまったり。

 

もちろんわざとじゃないにしても、そうなったときに一番困るのは子供本人です。

 

いくら自分の子にしっかり説明していても他の家庭の子は考え方が違うこともあり、「何で止めなかったの?」と聞くと、「僕はとめたけどいやだっていいわれたー」とか「知らなかった」とかもあります。

 

なので我が家は

おうちの人が居ない家にはいかない、または外で遊ぶこと!

を約束としました。

(ただし、親同士が連絡をとりあえて同意がとれればもちろんOKです)

 

かわいそうかもしれませんが、我が子が他人のおうちに迷惑をかける心配もおおいにあるのでここは厳しく。

 

8.平日の学校行事、PTA活動

その学校によって違いますが、我が子の通う学校は『6年間のうち必ず1回は役員をやってください』という決まりになっています。

 

子供が3人いれば3回やる必要があるということですね。

 

やるのはいいのですが、活動はたいてい平日の日中。

 

仕事をそのたびに休むのは正直つらいです。

 

授業参観も平日にあるしなんだかんだ最低月1回は学校に出向くことになります。

 

結局私は月に1回は学校関係で休みを取ることを自分の中で納得させました。

(あまり参考にならなくてすみません…)

 

さらに、役員をやるときは同じようにお仕事している方とペアになって、お互い交互に活動に参加するという二人三脚でやらせてもらいました。

 

そのために夕方以降の時間帯に個人的に会って打ち合わせをしたりもしました。

 

どうしても時間はとられてしまいますが、1年間頑張れば終わります。

 

この1年は仕方ないと思って半分あきらめてたというのが正解かな。

 

やり終えるとスッキリしますよ~

 

問題が尽きることはないが少しずつ減っていく

小学校に入るにあたり出てきた問題についてざっと振り返りましたが、結局やってみるしかないことも多かった気がします。

 

やってみて出来なかったり失敗も経験して子供も大人も成長してきたなと今は思えます。

 

でも小学校入りたての頃は私も必死でした。

 

翌日の授業の準備やプリントなどの配布物に目を通すだけでなぜか1時間以上かかっていたり。

 

 下の子の日々のお世話もあるので、時間が本当に足りないと感じていました。

 

そして時間がないとイライラも増加( ;∀;)

 

長男には申し訳ないことしてたかもしれませんね。

 

でもそんなことを懐かしく振り返れるようになるので、これから小学校に入るお子さんをお持ちの方もめげずに頑張ってほしいです。

 

ポイントとしては完璧を目指しすぎず、失敗したらやり直せる!くらいの感覚でやっていくことが大切ですね(*´꒳`*)