我が家の家計〜三兄弟の学費は捻出できるのか?!〜

学費捻出のためのやりくり、投資、お金にまつわる事ときどき育児ブログ

我が家が共働きを選んだ理由とそのメリット

f:id:mamakarien:20180818095017p:image

こんにちは。

3兄弟を育てるパート主婦のパールです。

 

 女性は人生の節目を迎えると仕事の仕方を変えることがあります。

 

結婚して寿退社する人、子供が出来たタイミングで退職する人、産休・育休取得してその後も働く人。

 

それぞれのライフスタイルによって都度選択することになりますよね。

 

 

私は独身時代から結婚、3度の出産を経て現在パート主婦という選択をしています。

理由とその時々の考え方を振り返ってみました。

 

これから結婚や出産を控えている女性へ、こんな考え方の人もいるよ~ということを伝えられたらと思っています。

 

 

 

我が家は共働きを選びました

なぜ共働きを選んだのか。

簡単に言えばきっと働くことが好きなんだと思います。

私が、自分の人としての価値を最も実感出来ることが

『働いてその対価としてお給料をいただく』

ということだからなんだと思います。

 

就職して3年程で結婚したのですが、そのときに仕事を辞める気はさらさらありませんでしたから。

 

結婚と同時に退職を考える方は、きっと家庭との両立が難しいと感じたり、主婦業に専念したいと思ってのことでしょう。

 

その当時に私が考えていたことといえば、自慢じゃないですが主婦業をしっかりとやる気はなく、必要最低限でやっていきたいということでした。

その点はきちんと旦那にも説明した記憶があります。

 

  • 私は家事を全てこなせる人間ではない。
  • 基本的に自分のことは自分でやる。
  • 休みの日やお互い余裕のある時は相手の分の家事もお手伝い又は協力して2人でやる。

 

これに加えて私は定期的に残業があり、残業時は職場で夕食が出るので必然的にその日の夕食の用意はしないということを前提としていました。

 

それぞれ仕事をして、それぞれ家事をする。

要するに全て半分こです。(笑)

でもそこに助け合いの精神だけは忘れないようにする。

 

我が家の主人はこれらを理解してくれて、2人とも納得した上で結婚しました。

 

どうでしょう?

こんな考え方の夫婦は少数派かもしれませんね。

 

 

共働きで苦労したこと

子供が産まれる前までは特に苦労もありませんでした。

自分のペースで自分の好きなように動けるのです。

今思えばこの時が一番楽な生活でした(笑)

 

大変だったのは子供が産まれてから。

私は長男を出産した後、産休と育休を取得して産後7ヶ月で職場復帰したのですが、朝はとくに大変です。

自分の身支度と子供の準備とで…なかなか忙しい!

 

保育園に子供を連れて行けば、泣きわめく息子を無理やり保育士さんに引き渡します。

でもその後の車の中で「なんで私は息子泣かせて働いているんだろう?」、「私が働くのは贅沢なのだろうか?」とか考えて泣いちゃうみたいなこともしょっちゅう。

 

帰ってきたらきたで、お腹が空いてグズグズの息子を相手しながら夕食準備。

ご飯食べさせて、お風呂入れて、後片付けはろくにできず、そして疲れて子供と一緒に寝落ち。

 

旦那は帰ってくるのが遅い人なので、1番忙しい夕方から夜の時間帯が本当に辛い。

 

何をするにも自信がないし、全部ちゃんとできてない自分を責めてばっかりです。

 

真面目な性格なので、ちゃんとできない自分は努力も足りないしダメな人間だ!と、自己肯定感ダダ下がり⤵︎⤵︎でした。

 

 

共働きで良かったこと

それでもその後、私は2回の産休を取得し現在3人の息子を育てているわけですが、1人目と同じ苦労を3回したわけではありません。

 

人間慣れるものです。

 

2人目の時には保育園に送った息子が泣いていても自分が悲しくなるなんてことはなくなりました。

 

幸い旦那が協力的だったので、子供達の朝の準備は全て旦那が担当してくれることになりました。

 

子供たちは毎日保育園に通っていたので、1歳になる前から生活リズムはしっかりしています。

 

朝はちゃんと早く起きるし、お昼は栄養バランスの良い給食を食べれるし(嫌いな物は残してたと思うけど)、そして昼寝もしっかり。

 

更にうちの子供たちの保育園は外遊びが盛んなところだったので、毎日園庭を走り回って、砂場遊びをやり、夏はプールと冬は雪遊びを満喫していました。

 

保育園に通わせるために働く!といっても過言ではないほど保育園サマサマです。

 

1歳になる前から保育園に通わせられたことだけでも共働きのメリットは大きい。

 

更に、働いてるのだからもちろん収入も増えます(*'▽'*)

 

個人的には一石三鳥くらいあると思ってます!

 

 

パート主婦の1日

就職した当時は正社員として働いていましたが、色々と状況が変わりまして現在は扶養範囲内でパートとして働いています。

 

土日祝日はお休みですが平日は毎日働いており、曜日によって9時〜13時までの日と9時〜16時までの日があります。

 

〈パート主婦の1日の流れ〉

7時  起床、朝食、準備

8時  小学生を送り出す

8時15分  家を出る⇨保育園⇨職場到着

9時〜13時(16時)  仕事

※13時までの時  帰りに買い物、所用をたす。帰宅後洗濯などの家事、夕食の準備や数日分の仕込み等。

17時半〜18時  保育園児を連れて帰宅

18時〜21時  夕食、お風呂、洗濯、後片付けなどの残った家事、小学生の世話(宿題見たり、翌日の必要なもの揃えたり)

21時〜  子どもを寝かす→スムーズにいけばTV見たり携帯いじったり自由時間

22時〜23時くらいに就寝

 

最近は仕事の終わりが早い時にブログ作業をするようになりました。

 

基本的に睡眠時間は多め、朝も弱いタイプです(笑)

 

旦那はイクメン?

旦那は帰りが遅いので、夕食は私担当で朝は旦那担当です。

いつからかそうなりました。

朝弱い私は非常に助かっています。

 

小学生は長期休みになるとお弁当が必要になるのですが、その時はおにぎりは旦那でおかずは私の担当。

分業体制です。

 

洗濯は最低でも3日に2回はやるので、平日は私がやりますが土日は旦那が朝やってたりします。

 

基本的に頼めば何でもやってくれるのですが、頼まないとやりません(笑)

ていうか、やる必要があることに気づかないタイプです。

言われみれば「あぁそうだね〜」っていう感じ。

 

不満はありますが、きっとお互い様なのでしょう。

 

イクメンといえばイクメンの枠に入るのでしょうかね。

 

家や子供のことを気にしない方もいるみたいなので。

 

怖いものは転勤

実は三男が産まれる少し前から2年ほど、旦那が転勤のため単身赴任していました。

自宅からは車で高速使って4時間くらいの距離の場所。

まだ手のかかる子供たちがいましたし、旦那は金曜の夜の夜行バスで帰ってきて、日曜の夜行バスでまた単身赴任先へ戻るという生活をしていました。

 

多分大変だったんじゃないかと思います。

 

私の方も最初は子供たちがどんな反応をするか心配していましたが、旦那がいないからといってダダこねるようなことはあまりありませんでした。

 

そしてしばらくするとやっぱり慣れます(笑)

 

今はおかげさまで家族揃って生活出来ていますが、また転勤になる可能性が高いのです。

 

今度はきっと飛行機を使う距離。

 

帰ってこれても月1回かなぁー。

 

こうなると完全にたまに来るただのおじさん扱いですよね(*´∇`*)

 

 

大事なのは家族みんなの笑顔と健康

どうしても転勤制度には否定的な我が家。

家族はやっぱり一緒にいるから家族だなって思うのです。

 

家族みんなで引っ越しする方法ももちろんあります。

 

でももう長男は小学生だしその度に転校するのか?とか、進学先の心配とか、私も仕事をしたいし、とか考えると引っ越しするメリットを見出せません。

 

なので我が家はきっと今後も単身赴任が続くことになりそうですが、子供の成長を見守りつつその時の状況に合ったスタイルを選択していくつもりです。

 

専業主婦への憧れはいつもありますが、きっと私は何かしらの形で仕事を続けて行くと思います。

 

そして、家族みんなが元気に楽しく生活できることが私の願いです✨✨✨✨✨